珍しいお料理、お決まりの品など出合ったレシピや、オリジナルレシピを紹介。


by takae115

カテゴリ:ごはんレシピ( 6 )

ボルシチ(ロシア料理)

寒く長い冬を越えるのに、大活躍というボルシチ。
だが、普通のスープ感覚で一年中食べたい味。
鮮やかな赤色はビート(日本名:サトウダイコン)からでるもの。
その名の通り、甘いビート。
いろんな野菜やお肉と煮込んだら、出来上がり。
簡単でとっても美味しいから、我が家ではよく食卓に上ります。

c0002691_13351532.jpg<材料> 4-6人分
・ビート・・・・・・3個
・人参・・・・・・・1/2本(日本の人参)
・トマト・・・・・・・1個
・ジャガイモ・・・2個
・キャベツ・・・・・4-5枚
・豚肉・・・・・・・・100gくらい
・小麦粉・・・・・・大さじ2
c0002691_13392711.jpg・塩、こしょう
・固形コンソメ・・1個
*ビートは生がなければ缶詰で代用可。その場合、汁も使ったほうが色がきれいに出ると思います。
*キャベツの代わりに白菜を使ったり、豚肉じゃなくてベーコンを使ったりもします。


c0002691_1344367.jpg<作り方>
1.ジャガイモ、キャベツ、豚肉を7mm-1cm幅の短冊切りにする。ビート、人参、トマトは5mmの短冊切り。

2.お鍋にジャガイモ、キャベツ、豚肉を入れ、かぶるくらいの水を入れ、コンソメを加えやわらかくなるまで煮込む。

c0002691_13472983.jpg3.フライパンに油を熱し、ビート、人参、トマトを加え、しんなりするまで火を通す。このとき、バターを使うとこくが出るのですが、どうしてもグレープシードオイルでさっぱり仕立てにしてしまいます。

4.3を2に加え、更に煮込む。このとき、スープが足りないようだったら水を追加する。15分から20分。

c0002691_13491117.jpg5.きれいにしたフライパンに小麦粉を入れ、焦がさないように炒める。しっかり火が通ったら(色が少し変わったら)、4のスープをお玉ですくって少しづつ加え伸ばしていく。

6.スープに加えてもきれいに混ざりそうなくらいに伸ばしたら、4に加え、塩、胡椒で味を調え更に煮込む。30分以上。

c0002691_13534394.jpg

仕上げに好みでサワークリームをのっけて出来上がり♪
(本当はサワークリームじゃないらしい。が、入手できないので、サワークリームでいいのだ。)

好みで、野菜の量を加減してください。
私はビートをしっかり入れたほうが美味しいと思うので、ビート多めです。
今回、はじめから多めに作ったのですが、なんと!9杯分も出来てしまいました。かなり驚いた。
[PR]
by takae115 | 2005-05-17 14:03 | ごはんレシピ
いつものから揚げをちょっと変えてみる。
今夜はピリッとからい、バッファローチキン。
本来はバッファローチキンウイングと呼ばれ、手羽先や骨付きもも肉で作るのだが、
我が家は食べやすく骨なしもも肉で作る。
NY州バッファローのあるお母さんが夜食にと考案したこの料理、
今では飲み屋に行くと必ずと言っていいくらいポピュラーに。
ビールに合う、そんな一品です。

c0002691_1142666.jpg<材料>
好みの鶏肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g
ホットソース(とうがらしのソース)・・・大さじ2くらい
ワインビネガー・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
塩、胡椒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
揚げ用油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
ヨーグルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
パプリカ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1(好みで)

*今回使用のホットソースは左のもの。

<作り方>
1.鶏肉をヨーグルトに漬け込、臭みを取ると同時に柔らかくする。(ジップロックに入れて冷蔵庫で2時間以上)
2.ヨーグルトを洗い流し、キッチンペパーで水分をふき取る。
3.食べやすい大きさに切り、塩、胡椒をする。さらに小麦粉をまぶす。
4.から揚げを揚げる要領で鶏肉を揚げる。
5.別のフライパンを火にかけバターを溶かし、そこにホットソースとワインビネガーを加える。
6.揚げた鶏肉をフライパンにいれ、ソースをからめる。
7.パプリカをふりかける。

c0002691_11505994.jpg付け合せにセロリがポピュラーですが、お好きな野菜でどうぞ。
今回はレタス。包んで食べても美味しい☆
好みでランチドレッシングをディップに。マイルドになって美味しいですよ。
[PR]
by takae115 | 2005-05-03 11:54 | ごはんレシピ

トッポキ(韓国料理)

先日韓国人のお友達に教えてもらったレシピです。
早速挑戦したら、非常に美味しかったので、ご紹介。
もともと、トッポキは家庭ならではの味があるそうで、
どれが正しいとかは無いみたい。
好みに合わせて調味料を調整して、自分の味を楽しんでください。

c0002691_12115156.jpg<材料>
トッポキ・・・・・・・・・・・300g(水に浸し、少し柔らかくする。2時間ほど漬けれるのが理想)
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・1個(スライスする)
刻んだネギ・・・・・・・・大さじ2
刻んだにんにく・・・・・小さじ1
水・・・・・・・・・・・・・・・・300ml

好きな野菜
もやし・・・・・・・・・・・・・二掴み
ズッキーニ・・・・・・・・小ぶり1本
ピーマン、ブロッコリーを友人は使っていました。なんでもお好みで。
薄切り牛肉を加えても美味しい

<調味料>
コチュジャン・・・・・・・大さじ2.5
ダシダ・・・・・・・・・・・・小さじ1.5
砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1.5
胡椒・・・・・・・・・・・・・・少々
c0002691_12185619.jpg



←今回使用のコチュジャン。
韓国の唐辛子味噌。
スパイシーなのが好きな方は多めに。
ちなみに、これはちょっと甘めです。

c0002691_12211412.jpg



これが、ダシダ。→
粉末のビーフブロスです。
これを加えることが重要とのこと。
多く加えると、しょっぱくなるので、少しづつ加えて好みの味にしてください。

<作り方>
1.中華なべに油、にんにく、ねぎを加えて香りが立つまで炒める。
c0002691_1228125.jpg

2.水300ml加え、沸騰させる。
c0002691_12321997.jpg

3.食べやすい大きさに切った野菜、トッポキを加え、炒め煮。
c0002691_12323964.jpg

4.全体に火が通ったら、調味料を加え、更に煮込む。
c0002691_12334269.jpg

5.トッポキが充分に柔らかくなり、全体にソースが絡んだら出来上がり。
c0002691_1235166.jpg


ご飯が進む一品です。非常に簡単。所要時間約15分!!最高!!
[PR]
by takae115 | 2005-04-23 12:40 | ごはんレシピ

肉魯

台湾料理、肉魯(ルーローと読みます)を台湾人の友人Stephに習いました。
とっても美味しくて、やみつきになってしまった一品。
作り方は非常に簡単。
鍵を握るのは、香辛料。それと醤油を大胆に使えるかどうかというこの2点。

c0002691_11153453.jpg材料
豚バラ・・・・500-600g
大根・・・・・・3分の1本分
木綿豆腐・・半丁
しょうが・・・・1かけ

あれば、以下を加えても可
干し椎茸・・・4個
c0002691_11211977.jpgごぼう・・・・・3分の1本分
ゆで卵・・・・・4個

調味料
醤油・・・・・・・4分の3カップ
酒、みりん・・・各2分の1カップ
氷砂糖・・・・・・1.5cm角を8個程
香辛料(砕いた八角、乾燥クミンなど袋に入れたもの)

c0002691_112449100.jpg作り方
1.豚肉は5cm角、大根は3,4cm大の乱切り、豆腐は2cm角に切り、生姜は皮付きのままスライスする。
2.お鍋に油をひき、生姜を炒め、香りが立ったら豚肉を入れ、表面に焼き色をつける。
3.大根を加え炒める。その後、豆腐と加え、お湯をかぶるくらい注ぐ。
4.調味料を加える。
5.灰汁を取り除きながら、全てが柔らかくなるまでじっくり煮込む。最低30分。煮込めば煮込むほど美味しくなります。
*今回は、ゆで卵、椎茸、ごぼうも加えました。ちなみに、この卵を魯蛋といいます。
c0002691_11332058.jpg
出来上がりはこのような感じに。
本日は1時間煮込みました。豚肉がほろほろ。
ご飯にのっけて食べると美味しいよ。
お醤油の量が尋常じゃないので、驚くかもしれませんが、試してみてください。
香辛料の詳細がもっと詳しく分かり次第UPします。
[PR]
by takae115 | 2005-04-15 11:39 | ごはんレシピ

大根餅

飲茶でお馴染みらしい、大根餅。
台湾で食べた味が再現したく、何度も挑戦し、なんとか納得の味になりました。
今後も改良されるかもしれませんが、当分このレシピでいきます。

c0002691_11384548.jpg材料
大根・・・・・275g&100g(皮をむいた時の重さ)
桜海老・・・大さじ1(お好みで)
ハム・・・・・2-4枚(お好みで)
上新粉・・・1カップ
片栗粉・・・大さじ3
だし・・・・・・1カップ

c0002691_114136100.jpg作り方
1.大根275gを小さめに切って、桜海老と一緒にフードプロセッサーにかける。(粗く)
フープロがない場合は、粗めのおろし金で大根を摩り下ろし、桜海老はみじん切りにする。
2.大根100g、ハムを千切りにする。私は形が残る方が美味しいと思うので、3-5mm幅にします。

c0002691_1145157.jpg
3.1に上新粉、片栗粉、おだしを加え混ぜる。
4.更に千切りにした大根とハムを加え混ぜる。
5.耐熱容器に入れ、蓋をしてレンジで10分加熱。加熱が不十分な場合は、2分づつくらい追加で加熱し、しっかり火を通す。

c0002691_11514085.jpg
6.フライパンにごま油をたっぷり熱し、加熱した大根餅の表面を焼く。
この時、かなり柔らかく、なかなか形になりにくいけど、フライ返しなどを使って適当に形成してください。
7.熱々に醤油を掛けていただきます。本当はソースがあるんですが、入手できないので我が家は、醤油で代用中。
c0002691_1153321.jpg

大根餅だけのショア心をとり損ねました。
とろとろもっちりの大根餅。お腹いっぱいになりますので、ご注意。
具にネギとかを入れても美味しいと思います。いろいろとアレンジしてみてください。
[PR]
by takae115 | 2005-02-06 11:57 | ごはんレシピ

ターキーの丸焼き

アメリカのホリデー、サンクスギビングには必ず食べられるターキーの丸焼き。
初めて作ってみました。意外に美味しかったです。
記念に記録。人生に一度、挑戦してみてもいいかもしれませんね。本当か?

c0002691_141478.jpg必要物品
・ターキーを乗せて焼く容器
(耐熱で深さがあれば何でもOK)
・焼き加減を見るための針
(BBQ用など金属で太めの針なら何でもOK)
・オーブン バッグ
(日本にあるのかは知りません。なくても大丈夫。)

・皮を止める為の金属の針
(10cm程の長さがある金属の針なら何でもOK)
・タコ糸

材料
・ターキー・・・・・・10-13パウンド(1パウンド/1人)
・セロリ・・・・・・・・・6-7本(短めでした)
・玉ねぎ・・・・・・・・大1個半
・チキンスープ・・・500ml
・ドライセージ・・・・大さじ2
・スタッフィング・・・1袋(パンを1.5cm角大にちぎった物1000ml分くらい)
・バター・・・・・・・・・大さじ3
・蓋用の食パン・・・1枚(できれば端っこの硬い部分がよい。)
・グレープシードオイル・・適量
c0002691_14115524.jpg作り方
*冷凍ターキーの場合、冷蔵庫で2-3日かけて解凍しておく
*オーブンを170℃(華氏325度)に余熱

①ターキーのお腹の中から内臓を取り除き(今回のは処理済でした)、中も外も綺麗に流水で洗う。穴が前後に2つあるので、注意。
c0002691_14155740.jpg 洗いながら、羽なども取り除く。キッチンペーパーで水気を拭いておく。
②セロリ、玉ねぎをみじん切りにする。(フードプロセッサー使用)
③フライパン(中華鍋)にバターを入れ、セロリ、玉ねぎを炒める。
④チキンスープ、ドライセージ、スタッフィングの順に加える。水分が足りなそうに思えるくらいでOK。
c0002691_14233181.jpg⑤出来上がったスタッフィングをターキーの前後の穴にしっかり詰め込んでいく。
頭の方は、残りの皮で穴を塞ぎ、針で止める。この時肉にしっかり刺さるように力を入れて刺す。
⑥お尻側は、最後に食パンなどで蓋をする。パンは1cmの厚さに切り、大きさは穴の大きさに合わせる。
⑦足が広がっている時は、タコ糸で結び、広がらないようにする。(今回は不使用)
c0002691_14311439.jpg⑧ターキー全体にグレープシードオイルを塗る。
⑨オーブンバッグを使う場合、バッグに小麦粉大さじ3とセロリ1本をいれ、セロリによく小麦粉をまぶす。
⑩バッグにターキーを入れ、口をタコ糸でしっかり結び、容器に乗せ、オーブンへ。
170℃で3時間ほど。1時間ごとに焼け具合をチェックし、こんがり狐色になるまで焼く。
バッグ不使用の場合、焼き時間が倍になるとのこと。恐らくカバーすることで、蒸し焼きになり、美味しく、また早く焼きあがるのではないかと勝手に思っています。
c0002691_14401748.jpg⑪太目の針をモモに刺して、赤い肉汁が出てこなければ焼き上がり。バッグから取り出す。
⑫詰め込んだスタッフィングを取り出し、別皿に盛り、ターキーをスライスしてサーブする。
グレービーソース、クランベリーソース、又は塩コショウでいただく。そのままでも十分美味しい。大量に出たスープは捨てずに、後日リゾットにすると美味しいらしい。

朝10時半頃から始めて、出来上がったのが3時過ぎ。かなり焼き時間がかかるので、
アメリカのお母さんは朝早くから仕込みをするそうです。
焼いている間に、つけ合わせ、デザートを作ればバッチリ☆
[PR]
by takae115 | 2004-11-28 14:50 | ごはんレシピ